「貸さぬも親切」と「借りぬと困る」

ポリシーウオッチは有識者に金融行政のあるべき姿を論じてもらうコラムです。 貸金業制度改革に携わってから今まで、改革への私の考えは微動もしてないが、世論の評価は激しく変貌した。時々…
「貸さぬも親切」と「借りぬと困る」

Attention

8月のアクセス首位、みずほ・第一生命にすきま風

8月公開の記事で最も読まれたのは金融コンフィデンシャル「みずほ・第一生命、『アセマネOne』ですきま風」でした。みずほ色に染まる現状に不満を募らせる第一生命。蜜月だった両社の間に…
8月のアクセス首位、みずほ・第一生命にすきま風

ペイディ幻の上場大和は辛酸、ゴールドマン軍配

米決済大手ペイパル・ホールディングス(HD)が8日、後払い決済サービスのペイディ(東京・港)を約3000億円で買収すると発表した。長い時間をかけて準備してきた新規株式公開(IPO…
ペイディ幻の上場 大和は辛酸、ゴールドマン軍配

文学の神髄、答えの出ない「宙づり」を楽しむ

英レスター市の裁判で、危険文書の大量ダウンロードをした青年に有罪判決がくだった。青年には「読書令」も出た。書物、特に純文学は明確な結論をもたない。文学の神髄を考える。
文学の神髄、答えの出ない「宙づり」を楽しむ

高給でも離職投資銀行、若手確保へ業務自動化

米ウォール街の金融機関が、若手のインベストメントバンカーの負担となっている単調な骨折り仕事の自動化に本格的に乗り出した。仕事量を減らし、優秀な若手の人材流出を食い止めることが目的…
高給でも離職 投資銀行、若手確保へ業務自動化

新生銀に迫るSBIの触手引き金はマネックス提携

SBIホールディングスが新生銀行へのTOBを始めました。2月に公開した記事を再掲します。一歩先、そして裏側に迫る金融情報にご期待ください。
新生銀に迫るSBIの触手 引き金はマネックス提携

バブルの芽はどこにあるか?

ポリシーウオッチは金融行政のあるべき姿を有識者に語ってもらうコラムです。今回寄稿いただいたのは、金融庁が発足後初めて踏み切った組織再編で、筆頭局となる総合政策局の初代局長に就いた…
バブルの芽はどこにあるか?

持続可能なJAバンクへ「資産拡大の時代じゃない」

役員の削減、子会社社長の大幅若返り、自前の投資ファンド設立――。農林中央金庫の奥和登理事長は就任から3年たっても改革の手を緩めない。前任に続く2人目の生え抜きトップは、貯金残高1…
農林中央金庫の奥和登理事長
持続可能なJAバンクへ「資産拡大の時代じゃない」

手数料2%を超えるな、PayPay有料化の舞台裏

スマートフォン決済の最大手PayPay(ペイペイ)は10月から加盟店の決済手数料を全面有料化する。ごく一部の幹部は極秘の調整で、中小店舗の料率を業界最安水準の2%未満にすることを…
手数料2%を超えるな、PayPay有料化の舞台裏

苦戦するデジタルバンク、命運握る法人取引

Researcher Viewはアナリストや学者がグローバルな金融の規制動向や金融機関の経営戦略、フィンテックといったテーマについて、深い洞察を披露するコラムです。 洋の東西を問…
苦戦するデジタルバンク、命運握る法人取引

Francfranc買収が開けた風穴、LBOローンに異変

セブン&アイ・ホールディングスはインテリア雑貨のFrancfranc(フランフラン)の一部株式を投資ファンドの日本成長投資アライアンス(J-GIA)に売却する。バリューアップに強…
Francfranc買収が開けた風穴、LBOローンに異変

さらばクレジットカード、群雄割拠のBNPL

「BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター)」と呼ばれる後払い決済サービスが若年層を中心に急速に浸透している。9月7日には米ペイパル・ホールディングスが日本の新興のペイディを3000…
さらばクレジットカード、群雄割拠のBNPL

関西スーパー争奪戦、タブーなきM&Aの攻防

関西スーパーマーケットの争奪戦が勃発した。阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)の傘下に入ると発表した関西スーパーに対し、首都圏を地盤とする非上場のオー…
関西スーパー争奪戦、タブーなきM&Aの攻防

京都信金、ピラミッドから相互リスペクト型組織へ

京都信用金庫の榊田隆之氏が理事長に就任したのは2018年6月である。榊田氏は前任の増田寿幸理事長から理事長昇格を打診された1年ほど前から、ずっと考え、温めてきた3つの取り組みの準…
京都信金、ピラミッドから相互リスペクト型組織へ
もっと見る

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「データ利用について」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。