賛否渦巻くウェブ3、思想を超えた収益化へ壁

次世代インターネット、ワールドコンピューター――。ブロックチェーン(分散型台帳)上に存在するWeb3(ウェブスリー)には様々な呼び名を与えられている。ただ、現状ではその可能性につ…
賛否渦巻くウェブ3、思想を超えた収益化へ壁

Attention

りそな、地銀連携の核はシステムとアプリ

りそなホールディングス(HD)は2021年、関西みらい銀行とみなと銀行を傘下に持つ関西みらいフィナンシャルグループ(FG)を完全子会社化した。25年1月までにみなと銀とのシステム…
りそな、地銀連携の核はシステムとアプリ

ミドルリターン融資、「利上げ交渉」の真意

日本はミドルリターン市場が育っていないと言われます。消費者金融のような高リターンを追求する金融機関が増えても、伝統的な銀行は日銀の金融緩和政策に沿って低金利戦略を進めてきた印象で…
ミドルリターン融資、「利上げ交渉」の真意

金融庁の本音、「金利ある世界」に備えを

2023年は金融庁にとって節目の年になります。前身の金融監督庁が発足して四半世紀がたつからです。25年で金融庁が背負う任務も果たすべき機能も求められる期待も徐々に変わってきました…
金融庁の本音、「金利ある世界」に備えを

資金流出のメガ不動産ファンド、不安は癒えるか

米ブラックストーンが運用する非上場の不動産投資信託(REIT)「BREIT」が、好調な運用成績にもかかわらず個人投資家の資金流出に直面している。低金利環境下で富裕層の人気を集め、…
資金流出のメガ不動産ファンド、不安は癒えるか

ファミリーオフィス、日本上陸企業買収で存在感

ファミリーオフィス。日本ではまだあまり聞き慣れない言葉かもしれない。事業などで財をなした一族の資産管理会社をこう呼ぶ。富裕層の多い欧米では一般的な存在で、その資産規模は数百億円か…
ファミリーオフィス、日本上陸 企業買収で存在感

メタバース、垣根越えて連携サイバー保険に商機

大手金融の間で仮想空間「メタバース」の普及を見据えた動きが広がる。損害保険ジャパンはANAホールディングス(HD)や三菱UFJ銀行と組み、新たな販路の構築に向けメタバース事業に注…
メタバース、垣根越えて連携 サイバー保険に商機

1月のアクセストップ「地銀、大量離職の衝撃」

1月のアクセストップは金融コンフィデンシャル「地銀、大量離職の衝撃 『銀行法4条』に重み」でした。一部の地銀では大量離職が発生し、人員減少が止まりません。読者の「人的資本」への関…
1月のアクセストップ「地銀、大量離職の衝撃」

社会課題解決、長期マネーで金融仲介にも役割

日本で社会の課題解決を目指すスタートアップが台頭している。2022年10月には業界団体も設立された。新たなエコスステムの構築には、マネーを供給する金融との結びつきを強めることが不…
社会課題解決、長期マネーで 金融仲介にも役割

中国・習政権、「改革開放」への回帰に疑義

中国の経済政策を指揮する劉鶴(リュウ・ハァ)副首相は1月、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で、世界のエリートや大企業のトップを安心させ…
中国・習政権、「改革開放」への回帰に疑義

規模ナンバーワンにはこだわる「だがKPIにはせず」

銀行や証券、損害保険など金融大手のなかで生命保険会社ほど戦略の優劣を評価するのが難しい業態はない。2位の第一生命保険が株式会社化した半面、首位の日本生命保険などは相互会社形態。株…
規模ナンバーワンにはこだわる「だがKPIにはせず」

商業・文化振興、DAOが切り札地方自治体の青写真

地方自治体がDAO(分散型自律組織)の活用に動き始めた。地方創生や地域振興など目的はさまざまだが、デジタルの力を使って人、物、金を呼び込みたいとの思惑がある。DAOは地方行政のデ…
商業・文化振興、DAOが切り札 地方自治体の青写真

ミドルリスク融資、「見える化」との闘い

佐賀共栄銀行は預金、貸出金ともに日本最小の銀行です。優勝劣敗の競争原理で小さくなったわけではありません。デフレ経済に襲われた平成時代、無謀な規模拡大よりも地域の身の丈に合った経営…
ミドルリスク融資、「見える化」との闘い

ブロックチェーンの未来、本領は非金融分野

2008年、サトシ・ナカモトという名の人物が暗号資産(仮想通貨)ビットコインに関する論文を公表した。その基盤技術となっているのがブロックチェーン(分散型台帳)だ。約15年を経て多…
ブロックチェーンの未来、本領は非金融分野
もっと見る

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「クッキーポリシー」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。