日本精工、機械向けM&A検討銀行は非財務支援を

自動車の軸受け(ベアリング)などを手がける日本精工は、電気自動車(EV)への移行に備え、自動車事業の構造改革や産業機械向け製品の強化を進めている。今春には、ハンドル操作をタイヤに伝…
日本精工、機械向けM&A検討 銀行は非財務支援を

Attention

ROEでも欧米勢に挑む「ポスト小宮」の行方は

「中心気圧(ヘクトパスカル)の低さで観測史上最悪かもしれない」(気象庁)。こう警告された台風14号が日本列島に接近していた18日朝。東京海上日動火災保険の広瀬伸一社長(62)は、…
ROEでも欧米勢に挑む 「ポスト小宮」の行方は

香港金融株、米国市場をかく乱JPモルガン超えも

乾物問屋や漢方薬局など古めかしい建物が立ち並ぶ香港の下町・上環。その一角にあるペンシルビルに気がつく人は少ない。香港のフィンテック企業、尚乗数科(AMTDデジタル)が保有する客室…
香港金融株、米国市場をかく乱 JPモルガン超えも

「仕組み債」は毒まんじゅうか、地銀に迫る金融庁

全国の地方銀行が保有する証券子会社の業績が急回復している。過去3年間で利益は6倍に急増し、ほとんどが黒字転換した。金融庁は地銀の収益打開策として「脱銀行」を求めてきた。そんな金融…
「仕組み債」は毒まんじゅうか、地銀に迫る金融庁

人的資本に魂を吹き込む、有力企業が競う独自色

人材が持つ知識や能力といった人的資本の情報開示をめぐるガイドライン(指針)やルールづくりの動きが広がっている。企業の取り組みが定められた項目の開示にとどまるようでは、全体のなかで…
人的資本に魂を吹き込む、有力企業が競う独自色

世界の翻訳文学、男女の存在感逆転のワケ

「知の旅、美の道~Journey to Liberal Arts」は現代美術や国内外の文学事情、哲学などについて、第一線で活躍する専門家が奥深い洞察を披露するコラムです。 ■芥川…
世界の翻訳文学、男女の存在感逆転のワケ

若手アナリスト、夢のリゾート勤務に潜むワナ

こんな場所で働けたら素晴らしいと誰もが思うだろう。米金融大手のシティグループは若手のインベストメント・バンカーがマラガで働ける制度を始めた。マラガは美しいビーチリゾートとして知ら…
若手アナリスト、夢のリゾート勤務に潜むワナ

「投資に軸足ブティック経営で『らしさ』追求」

2022年6月末に前社長の渡辺一氏から日本政策投資銀行(DBJ)トップのバトンを引き継いだ地下誠二社長。新型コロナウイルス関連の危機対応が一巡したタイミングで、3代連続の生え抜き…
「投資に軸足 ブティック経営で『らしさ』追求」

ウェブ3、取り残される日本「脱・株式」に課題

NIKKEI Financialのエディター座談会・後編ではデジタル決済の普及の可能性や、日本のスタートアップ企業がなぜ海外に比べて小さいのかについて議論した。バズワードになって…
ウェブ3、取り残される日本 「脱・株式」に課題

リーマン・震災時に含み損「7000円は割安」で説得

金融最大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)で三菱UFJ信託銀行の存在に注目が集まる。グループ内の長年の懸案だった商業銀行(三菱UFJ銀行)と信託銀行で並立してきた…
長島巌 三菱UFJ信託銀行社長
リーマン・震災時に含み損「7000円は割安」で説得

ノルウェーSWFに聞く「インフレ沈静化に5年」

世界有数の政府系ファンド(SWF)、ノルウェー政府年金基金の資産運用が世界的なインフレと金融引き締めで逆風にさらされている。株安と債券安が進んだ2022年1~6月期には24兆円規…
ノルウェーSWFに聞く「インフレ沈静化に5年」

銀行の内部資料課税・税務訴訟の決め手に

銀行が融資などの際に作成する内部資料が、国税当局による課税処分やその後の税務訴訟の決め手となる傾向が強まっている。今春、資料の記載内容から「相続税を減少させる目的は明らかだ」と裁…
銀行の内部資料 課税・税務訴訟の決め手に

トヨタが生んだメガ信金・・・エディターの厳選記事

10月1日、NIKKEI Financial(NF)は創刊2年を迎えます。シリーズ「リアル地域金融」は創刊以来続けているNFオリジナルコンテンツで、ほかでは読めない記事を追求して…
トヨタが生んだメガ信金・・・エディターの厳選記事

国内で「とがった生保」、大手の一角狙う捲土重来

世界の巨大保険会社は生損保の兼営が主流だ。東京海上ホールディングス(HD)もひそかに1970年代から早々に生保参入を検討し始めていたのは知られていない。しかし、国内損害保険の雄が…
国内で「とがった生保」、大手の一角狙う捲土重来
もっと見る

利便性向上、利用分析および広告配信等のためにクッキーを利用してアクセスデータを取得しています。詳しくは「クッキーポリシー」をご覧ください。オプトアウトもこちらから可能です。