楽天「経済圏」拡大へ積極投資 非中核事業は圧縮

広瀬研二副社長兼CFO

楽天が電子商取引(EC)を核に多様なサービスを展開する「楽天経済圏」の拡大に向けた投資を増やしている。2020年に本格参入した携帯電話事業では基地局建設などに10年で8000億円を投じる計画。ECでも配達の利便性向上へ物流拠点の拡充を急ぐ。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます