菅政権の金融都市構想 縦割り打破でも勝算見えず

税財政エディター 小滝麻理子

菅新政権下で日本の国際金融センター構想に弾みがついてきた。首相官邸内では香港からの引き抜きなどを念頭に金融人材の税負担やビザ(査証)の緩和、英語での簡素な手続きの創設など総合的な政策パッケージ案が進む。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます