「腹をくくるしかない」 東証を襲った魔の一日

編集委員 川崎健

東京証券取引所は1日、システム障害によって株式市場を一日丸々開けないという歴史に残る大失態を犯した。利用者である投資家の最大の疑問は、システム復旧の見込みがたったのに直ちに市場を開こうとせず、正午前に早々と終日売買停止を決めたことだ。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます