地銀、市場部門も「本業」に インソーシングを

和キャピタル社長・小栗直登

地銀を取り巻く収益環境は年々厳しさを増しており、期間収益における有価証券運用収益の比重は全体の4分の1まで高まっている。和(なごみ)キャピタルは地銀を中心に地域金融機関の市場運用をサポートする助言会社だ。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます