バイデン政権、ウォール街が警戒する「助言役」

ニューヨーク=宮本岳則、伴百江、吉田圭織

米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領が当選を確実にしたことで、ウォール街の関心は閣僚の顔ぶれや金融行政の行方に移った。業界関係者が気にするのは、大手銀行や未公開株(PE)ファンドに厳しい姿勢で知られるエリザベス・ウォーレン上院議員の処遇だ。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます