株の街に「ファンド梁山泊」 GS出身者ら集結

兜町リバイバル(上)

バブル崩壊以降、寂れる一方だった株の街・日本橋兜町(東京・中央)。日本株市場の空洞化を象徴するこの街が、活気を取り戻しつつある。取引所の場立ちや地場証券に代わる新たな街の主役は新興ファンド運用会社だ。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます