パンドラの箱を開けた「IPO値付け論争」

編集委員 川崎健

新規株式公開(IPO)の公開価格の値付け(プライシング)をめぐる、資本市場関係者たちの論争がヒートアップしている。日本証券業協会が9月にもうけたワーキング・グループに参加する委員たちからは議論が百出。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます