保険料は「誰のもの」? 内部留保20兆円の衝撃

ー相互会社編ー ペンネーム深水光

今回は「保険契約者が⽀払った保険料は誰のものか?」という問いについて考えてみたい。 【関連記事】・保険料は「誰のもの」?-株式会社編ー 金融庁、剰余分配議論を この問いに関しては、保険業とそのほかのビジネスではかなり景色が異なる(他のビジネスであ

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます