横浜銀行の人財力、逆境が生んだ「能力本位」(後編)

論説主幹・原田亮介 中途・出向を柔軟に活用

■同期「3人の『O』」 「次につぶれるのは横浜銀行だと私も思っていた」――。約20年前の金融危機の当時をそう振り返るのは、横浜銀行から2019年12月に東日本銀行頭取に転じた大石慶之(59)だ。入行同期(85年)にはコンコルディア・フィナンシャルグ

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます