ポスト土屋時代のOKB 「実益経営」へカジを切る

今から1年近く前の2020年秋、岐阜県の大垣共立銀行に激震が走った。全国初の独自サービスをいくつも考案し、四半世紀を超え、頭取、会長として同行を引っ張ってきた土屋嶢(たかし)氏が鬼籍に入ったからだ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます