危機下のファンド興隆、「いつか来た道」に警戒

証券部 和田大蔵

新型コロナウイルス感染拡大で不透明感が漂う中、プライベート・エクイティ(PE=未公開株)ファンド業界が一人気を吐いている。各社とも過去最大規模のファンドを設立し、今後の投資拡大を見越して人員の増強にも動く。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます