金融DX、富士通は「個人との接点」から攻める

坂本真司・金融ビジネス本部長に聞く

富士通が金融機関と個人顧客の接点である「フロントエンド」から金融向けDXビジネスを強化する戦略を推し進めている。支店の事務コストなどを下げる効果が大きい。そこを起点に法人や非金融分野へとDXを広げていく。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます