インデックス投信「一物29価」の怪 当局も懸念

証券部 須賀恭平

日本で乱立するインデックス投信が、長期の資産形成の壁になっている。代表的な株価指数、東証株価指数(TOPIX)に連動するタイプだけでも約80本(ETF除く)が現存し、投資家が負担する費用である信託報酬は29種類にも及ぶ。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます