アセットオーナーにESGの壁 出遅れ日本の課題

証券部 大鐘進之祐

アセットオーナーとして巨額の資金を運用する企業年金基金。ESGの奔流は年金基金にも及びつつあるが、日本勢の動きは世界に比べて総じて鈍い。公的年金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)はESG投資の先頭を走るが、企業年金はまだ及び腰だ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます