三井物産、脱炭素・資本効率を投資の軸に

内田貴和副社長CFO

三井物産が「脱炭素」「資本効率」をキーワードに投資戦略を描き直している。世界的に気候変動への危機感が強まるなか、資源事業で資産の見直し・絞り込みを進め、環境負荷が比較的小さい液化天然ガス(LNG)などへの転換を図る。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます