なぜカーライルを選んだのか、リガク社長の決断

証券部 山下晃、和田大蔵

分析機器大手リガク(東京都昭島市)が米投資ファンドのカーライル・グループの傘下入りを決めた。非上場企業ながら、カーライルはリガクの株式約8割に1000億円超を投じる。日本国内での投資としては過去最大規模だ。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます