コロナ下の銀行規制、備えの薄い日本にリスク

一橋大学大学院特任教授 下田知行

新型コロナウイルス禍がパンデミックとなっておよそ1年が経過した。昨年春の金融市場の混乱は、各国の矢継ぎ早の金融緩和策と大規模な財政出動が奏功し、少なくとも市場や金融システムの混乱で実体経済の悪化が増幅される事態は避けられ、現在に至る。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます