気候変動、データベンダー席巻 悩める運用業界

堤健太郎

機関投資家が対応を求められるESG(環境・社会・ガバナンス)の世界で、データベンダーの存在感が高まっている。発行体の格付けや詳細なESG関連情報を提供し、ESG活用が進む欧米の投資家を中心に活用が進む。

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます