知財、投資家との対話手段に 統治指針改訂で機運

編集委員 渋谷高弘

上場企業が知的財産をツールとして、投資家と対話する機運が出てきた。6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)に「知財への投資などの情報を開示すべきだ」と盛り込まれたためだ。知財の開示は経済産業省が何度か試みたが、定着しなかった。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます