中国人民銀、利下げの決断 習指導部の影

上海=土居倫之

中国人民銀行(中央銀行)が金融政策を緩和している。15日の預金準備率の引き下げに続いて、20日には1年8カ月ぶりに利下げに動いた。その背後には、金融緩和によって経済の一段の下振れを回避したい習近平(シー・ジンピン)最高指導部の姿が垣間見える。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます