米スクエア「第3の進化」、CFOに聞く決済の先

シリコンバレー=奥平和行

フィンテックの領域で米スクエアが存在感を高めている。新型コロナウイルス禍で業績を伸ばし、2020年12月には時価総額が1000億ドル(約11兆円)を突破した。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます