ウォール街、消えた楽観 左傾化するバイデン政権

ニューヨーク=宮本岳則

米金融業界でバイデン米政権を巡る楽観論が後退している。米証券取引委員会(SEC)など主要金融規制当局の新トップをみると、格差是正を目指す民主党左派に配慮した人選になっているからだ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます