金融包摂か収奪か 銀行経由の高利貸し、米で論争

ニューヨーク=大島有美子

米国で消費者金融の上限金利を巡り、議会や規制当局を巻き込んだ議論が白熱している。発端は、銀行の監督機関である米通貨監督庁(OCC)が2020年10月に発令したある規定だ。一部の民主党議員は低所得層を食い物にするとして規定の撤回を求める。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます