仮想通貨ビジネスに傾斜、ウォール街ににじむ焦り

ニューヨーク=斉藤雄太

米大手金融機関が暗号資産(仮想通貨)分野で活動領域を広げている。相場の調整が続くなかでも、中長期的に顧客の取引ニーズや関連技術の価値は高まるとの期待に加え、ライバルに出遅れたくないという競争意識がにじむ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます