人事漂流の米金融当局、仮想通貨業界がロビー攻勢

ニューヨーク=大島有美子

バイデン米政権の発足から1月20日で1年。党派対立の余波で米金融規制当局の陣容が揺れている。米連邦預金保険公社(FDIC)では幹部同士の内紛が表面化し、2021年12月31日、マクウィリアムズ総裁が突如辞任を表明した。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます