欧州で「ネオブローカー」台頭、日本に黒船迫る

ロンドン=篠崎健太

欧州でスマートフォン専業の株取引サービスが急成長している。安い料金や使い勝手の良さから個人投資家の人気を集め、「ネオブローカー」とも呼ばれて伝統的な証券会社の牙城を揺さぶり始めた。複数の有力スタートアップが近い将来の日本進出を計画中だ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます