上場銀行「結果責任が伴う」 地元軽視批判は承知

紀陽銀行・松岡靖之頭取に聞く

「地元和歌山の活性化」と「銀行の健全化」のはざまで揺れ続けた紀陽銀行。このまま二兎(にと)を追うことはできるのか。松岡靖之頭取に次の10年とビジネスモデルの持続可能性を聞いた。(聞き手は大阪経済部・中谷庄吾、和歌山支局長・細川博史) ■「10年後の

NIKKEI Financialに登録すると、記事をお読みいただけます