4大監査法人が掲げるESGの虚実

持続可能性への関心が急速に高まる中、環境・社会・企業統治(ESG)に焦点を当てたファンドには数兆ドルもの資金が流れ込み、企業の取締役会はステークホルダー(利害関係者)主導の新たなアジェンダに取り組んでいる。 監査業界で「ビッグ4」と呼ばれる4大監査

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます