日立と損保ジャパン、疑似量子で再保険「最適化」

フィンテックエディター 佐藤史佳

日立製作所が超高速で計算できる量子コンピューターを半導体上で疑似的に再現する疑似量子技術の商用化に取り組んでいる。金融業界では損害保険ジャパンが再保険のポートフォリオ最適化のため、2022年度からの導入を決めた。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます