富国生命の反論 健全性規制に見直し余地

砂本直樹・取締役リスク管理統括部長

【これまでの議論の経緯】ペンネーム深水光氏が金融腹話術で論じてきた「生命保険に潜む不都合な真実」を一言で言えば、「逆ざや損失を、なぜ損失を生んだ人ではなく、新しい契約者に負わせるのか」という世代間に起きている不公平問題です。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます