野村の新型手数料へ「物言い」 法改正の発火点に

渡辺淳

預かり資産の残高に応じて手数料を変える野村証券の試みが議論を呼んでいる。運用の結果として顧客の資産が増えれば証券会社の実入りも多くなるしくみは、両者の利害を近づける取り組みとして注目される一方、手数料や業態の位置付けをめぐって金融庁と論戦が起きた。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます