ストックオプション「一物二価」、成長の足かせに

三島大地

長年、業績向上のインセンティブ(誘因)とされてきたストックオプション(株式購入権)で異変が生じている。会計処理を巡る監査法人の見解が一致せず、予想外の費用計上を嫌気して計画を見直す企業が相次いでいるためだ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます