ゴールドマン、株運用縮小の難路 手数料シフト課題

米金融大手ゴールドマン・サックスの資産運用部門が好調だ。2021年4~6月期決算では自己資金を使った投資がけん引役となり、売上高に相当する純営業収益が過去最高になった。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます