企業価値2千億円、世界を狙うユニコーンの素顔

フィンテックエディター 関口慶太

早期に新規株式公開(IPO)する日本のフィンテック企業にはユニコーン(未上場で想定時価総額が10億ドル以上)が少ないといわれる。そんな中にあって想定時価総額が2000億円を超えるフィンテックのユニコーンがある。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます