不動産テック、物件見える化 金融と融合の未来

フィンテックエディター 佐藤史佳

不動産の賃料や空室状況などの物件情報をデータ化して活用する動きが出てきた。主導するのは不動産テックのスタートアップだ。これまで業界で取得が難しかった物件情報を透明化することで、不動産の取引や投資の効率化につなげる。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます