正念場のリテール改革、収益の果実いつに㊤

長江優子

大和証券グループ本社が浮揚のきっかけを模索している。屋台骨の個人向け営業(リテール)は預かり資産を重視した改革が道半ばで、足元の収益はライバルに見劣りする。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます