次のグラブ探せ ソフトバンクG、東南アジア照準

シンガポール=中野貴司

ソフトバンクグループ(SBG)による東南アジアのスタートアップ企業への投資が再び活発になっている。多くが企業価値10億ドル(約1100億円)以上のユニコーンか、その予備軍で、初期に投資して企業価値を大きく高めた配車大手グラブの再現を狙う。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます