「受け身は無理。今しかない」山陰合銀の電力参入

山崎徹頭取インタビュー

山陰合同銀行は5月12日、新しく子会社「ごうぎんエナジー」を設立し、銀行で初めて電力事業に参入すると発表した。地盤の島根県と鳥取県は人口減少が進む課題先進地域。その地のトップ地銀である山陰合同銀が課題解決へ動かなければ、おのずと衰退してしまう。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます