仕組み債は「ガバナンス問題」、試される自浄作用

金融庁総合政策局モニタリング部門 屋敷利紀審議官

金融庁が久しぶりにボルテージを上げている。複雑で高利回りの投資商品「仕組み債」を販売する金融機関に対して、だ。一商品を名指しして、問題があれば、立ち入り検査や行政処分も辞さない強権姿勢。答えは簡単だ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます