バイデン政権、ESGへ急旋回 欧州対抗に名乗り

ESGエディター 松本裕子

米国でESG(環境・社会・企業統治)の推進機運が急速に高まっている。バイデン政権が誕生してからトランプ前政権が作った「反ESG規則」は施行停止が相次ぐ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます