SMBC信託、住宅ローン「紙・手入力」からの脱却

フィンテックエディター 佐藤史佳

SMBC信託銀行が住宅ローン業務のデジタル化に乗り出している。従来はほぼすべて紙や手作業だった。事業拡大に伴いデジタル化が急務と判断し、2022年10月に住宅ローン業務でクラウドサービス基盤「nCino(エヌシーノ)」を本格導入した。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます