決済の巨人ストライプ、エンジニア重視で日本攻略

駿河翼

電子商取引(EC)決済を中心に成長した米ストライプが、対面決済の領域に触手を伸ばしている。日本でもデジタルトランスフォーメーション(DX)が遅れる医療機関などで脱現金を後押しする。武器となるのは使い勝手のよい決済基盤。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます