M&Aブームの終わり、世界企業に巨額減損リスク

企業のM&A(合併・買収)ブームが幕を閉じた。金利上昇や不確実性に直面する中で、世界の大企業の一部は最近実施した買収を巡って数十億ドルの評価損を余儀なくされている。 世界経済の3分の1が2023年に景気後退入りすると予想される中、世界のリーダーたち

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます