三井住友FG、コロナ後の制空権掌握へ 勝負の投資

三島大地

三井住友フィナンシャルグループが航空機リース事業で勝負に打って出る。新型コロナウイルス禍で航空需要が低迷するなか、傘下のSMBCアビエーションキャピタル(AC)が25億ドル(約2700億円)超を投じて航空機を取得。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます