4月のアクセストップ 法人営業は男の仕事は限界

4月に最も読まれたのは、千葉銀行の淡路睦取締役と金融庁銀行第二課長の新発田龍史氏の対談「法人営業は男の仕事は限界、昭和モデル脱却を」でした。異色の対談は大きな反響を呼びました。旧態依然の金融が向かうべき方向性を示す内容となりました。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます