「仕組み債」は悪者なのか、雪崩打つ販売停止

渡辺淳

仕組み債の販売が下火になっている。元本割れのおそれがある商品性を十分に説明しないまま勧誘する一部の姿勢を金融庁が問題視し、公募型を中心に販売を見合わせる動きが相次ぐ。今年度の販売額が前年度から約7割落ち込みそうな証券会社も出てきた。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます