7割がトリプルA債、崩れる中国の砂上の楼閣

上海=土居倫之

最上級格付け「トリプルA」が7割を占める中国の社債市場が揺れている。トリプルA企業が相次いで債務不履行(デフォルト)に陥ったことをきっかけに、中国政府が格付け会社に高すぎる格付けの引き下げを求めているためだ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます