野村のDNA、起業で開花 大企業の悩み深く

長江優子

野村証券出身の30代前後の社員が退職し、IFA(金融商品仲介業者)やスタートアップ企業などに転身している。彼らに共通しているのは選抜されて海外研修に参加したり、組合の委員長を務めたりするなど、野村での将来を嘱望された人材であることだ。

NIKKEI Financialに登録すると、全文をお読みいただけます